アラビア語で''ひとつづつ''の意


by angelyummy1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:被災地ボランティア( 2 )

         ※ 1ページ前の その1からご覧ください 

      Day5 5/2   

            この日から ニーズ調査専門になりました
     といっても 前日までやっていた 一軒一軒聞き込みをする作業ではなく
        前の会社でやっていた仕事と似ている 営業的な要素たっぷりの作業
a0161360_192445.jpg

     炊き出し隊が戻るなり 今日の様子をうかがい
訪問先の被災者の方がどんな事を思っているのか ニーズを聞いて来た事を再度伺う
          そしてそのボランティアが感じた事柄から またニーズを引き出し
   いまの現状でどうしたらよりよくなるのか そしてどんな事をすればいいのか
              新たにニーズを作る仕掛けをする作業なのです

       いままでの職業柄 こういった類の物は興味もあれば好きなこと
             それを事務局の方と並び いちボランティアの私に頂けたことに
                   本当にやりがいを感じました
a0161360_19261129.jpg
  
         ただ 仕事が終わらなく 遅く帰る日は続きましたが・・・
               打って変わって 寝袋から見える夜桜は綺麗でした✯

      Day6 5/3

                           朝 6時15分
            がらがらと音がした
                           顔を洗い 支度をしていた途中
                  何やら5,6名の人間が 区民センターの門を開け入ってきた 
        「台所かりま=す!」 と入ってきたのは 中国からの団体様! 
a0161360_18571383.jpg

     日本の力になりたいと GWで時間を合わせ
      わざわざ札幌から車にて 水餃子の炊き出しにやってきてくれたのです(>_<。)
a0161360_1953196.jpg
 
                   みなさん 優しさありがとう✯
             
a0161360_191132100.jpg

             そしてこの頃より 少しずつ 花の開花が本格的に♡
a0161360_19145412.jpg


      Day6 5/4

                               朝から お天気✯
            今日は私にとって特別な日
       今日は一日 どんな日になるのだろう?と 朝から わくわくが止まりませんでした
a0161360_19293298.jpg

              マンホールのかっぱさん♪
                      晴れて 嬉しい かっぱで嬉しい^^

     でも 変わらず今日も大忙し!
             今日もお昼ご飯は2時を回ってしまい
                     急いでご飯を買いに走りました=333
a0161360_19581498.jpg

                 今日もジンギスカンの話が出ましたが
      さすがに今日は食べたくなかったので みんなで調理場でご飯を作りました✯
           お酒も入り みんなほろ酔いのところ パチっと電気が消えました
                         すると・・・
a0161360_200193.jpg

        Happy birthday to you~
                    Happy birthday to you~
                            Happy birthday to you~
          Happy birthday dear Yummy
                        Happy birthday to you~^^


       みんな覚えていてくれて そしてケーキとシャンパンまで+(*´・艸・`*)+
              さらに こんな中メッセージまで 頂きまして
                        本当に 本当に 感動しました><
                みなさん この場を借りて ありがとうございます!!!

a0161360_19323433.jpg

                       そして 記念撮影のため
                     みんなで カメラをSETし・・・
a0161360_20353050.jpg

               仲良く そして真剣に 人文字を描きました~!
a0161360_20373943.jpg

          なんだか分かりますか???
                               正解は・・・↓
a0161360_20453218.jpg

                        J I C A = ジャイカでした ^^;
           
                この12年ほど 地元で誕生日を迎えていなかった
           毎年どこかの国や都市で 文化も言葉も違う人間と過ごしていた

         もちろん その間日本で過ごしていたこともあるが それは稀で
                 一緒に過ごす仲間も 毎年違っていた
a0161360_2104049.jpg

     今年はどんな誕生日になるのだろうと思うのが 毎年の恒例で
               でも シリアから避難してきて一人暮らしの私にとっては
        地元に居ても独りぼっちだと言うことがわかっていた

       それもあり 忘れられない経験となる それも誕生日に重なるように
             この土地に潜りこんできたのが 実際のところで
           そして ここにきて 本当に充実した毎日を過ごしていた
a0161360_20513398.jpg


                これまでの毎日 無惨な家や 道路を見たり
          空気の悪い場所での作業もやったり
     おじいちゃんの遺体を発見したおばあちゃんの話や
              ボランティアが来るたびに がみがみ言っちゃったおじいちゃん
         本当は さびしいだけで 不安なだけで 私たちの前で泣いてしまった事も

                   ここで見たもの そして感じたこと
      
           私には何にも代えられない経験を 誕生日というこの世に出た記念日
   「生」というこの文字を 本当の意味で感じ 受け そして歩いた遠野での日々に

                     色んな事 新しい仲間
   それと 今この時代に生き このタイミングで日本へ戻ってきた運命に
              本当に感謝したいと 心から思う特別な誕生日になりました✯
a0161360_21242064.jpg


      Day7 5/5      

                       実質活動最終日

                     今日は さんまFinal =333
             さんま臭で死にそうになるけど ここは何事も経験
                  あえて 手を挙げ 出陣しました!

       さんまの匂いが付くので バスの中も土足禁止
              全てがビニールシートにおおわれ
そしてカッパの上からも 食品会社から提供された 全身ビニールスーツを身にまといます
a0161360_21561265.jpg

                      洗っても取れない臭い
                  これで 少しは臭いから免れるでしょう

a0161360_221833.jpg

               作業場である 陸前高田市
                     そこに行きつくまでの間 悲惨な道路を見た
a0161360_2233272.jpg

a0161360_2242735.jpg

a0161360_2224098.jpg

                    陸には ひっくり返った舟
a0161360_2255584.jpg

a0161360_2265544.jpg

                被災された方が 自宅跡を捜索しにきていた
a0161360_22825100.jpg


                そこから10分ほど走り 山の中の民家に着きました
           何故ここに?と思っていましたが そんなところで降ろされました

                  そしてここから 撮影禁止区域になります・・・
         というのも
  宮城県で ボランティアのビブス
     (上の写真で着ている黄色や緑のゼッケン代わりのベスト)を被災者が見るたび
                   大変なストレスにつながり 先日・・・
   被災者の方がボランティアに向けて投石し ボランティアを怪我させた事件が起きました

              それに 私たちがまさに活動している際にも
  被災者の方と一緒に記念撮影した観光気分のボランティアも 残念ながら居たのです

    それで バスの外は 写真撮影禁止になり
                  さんまの現場も取れず・・・  

            そのさんまの現場ですが 何故さんまか?ってことから

        陸前高田の沿岸沿いには さんま漁の港があり
                    その周辺には さんまの加工場がありました
           それが津波により 破壊され さんまが800万尾流されてしまいました 
       しかしその場所は 海のそばではなく 民家の中 山の中
           水が引いたその際に 魚が雑木林などに引っかかってしまったから
                   それで 山の中の民家 なのです。。。

                ココまではわかる話し
   しかし、、、これを手作業で回収するのが 私たちボランティアの仕事なのですが
                      半端なく 本当に大変!  

                     臭いは超スーパーすとろんぐ><
      フィリピンの スモーキーマウンテン(ゴミの山)と きっと同レベルだと思います
        それに 見た目はますますひどく 被災からすでに1ヶ月半も経てば
              魚から出る異臭はものすごい
                    さらに魚の原型があるものも無いものも
                       とにかくひどいウジがわき 他の虫も住んでいる状態 
              さらに 時間がたって 泥と同化し なかなか取れない><
     生ゴミの山にお昼前3時間居るだけで なかなかの食欲激減・・・
     
                   それでも手作業の理由は
         民家の中にまだ 思い出の品などが詰まっていたり
               地盤がぐちゃぐちゃで 重機が入れない状態だからなのです

        しかし作業を辞めてしまうと 土地に臭いがこびりついて
               住むに住めない状態になってしまう恐れが。。。
   
                      とにかく ひどい現場です
              ある意味撮らなくて 良かったかもしれませんけどね  

a0161360_231396.jpg
    
                  帰るなり すぐ洗濯+お風呂屋へ
         それを怠ると とんでもないことになります
a0161360_2332620.jpg
       
                  そして 保養センターに行きました
            ここのお湯は ごみを焼却した際に出来る熱で焚いている
                     エコな温泉なのです♡
a0161360_23302253.jpg

          1日の匂いと 3日分の汚れを落とし
               綺麗な今まさに満開の桜で 心の栄養補給をしました
a0161360_23321685.jpg


      Day8 5/6

                         東京へ戻る日

                朝から 今までに使っていた寝袋を片し
            いつもより少し早く ボランティアセンターに向かいました
a0161360_23374155.jpg

                     ニーズ調査担当のMさん
              Mさんのお父様は83歳のボランティア最高齢!
     しかも ボランティア前に新聞配達もされ それから活動される 兵です(≧∀≦)
             ここのHPにも載っていますので ぜひご覧下さい!
           http://tonomagokoro.net/?p=126#more-126
 
              お世話になったスタッフに挨拶をし
                   引き継いだ後任ボランティアにエールを送りました✯

                   毎日見ていた風景
             何故か自然に自分の中に入ってきていた                  
a0161360_23565047.jpg

              GWも終わり 登校する子供達や
a0161360_23542238.jpg

           ボランティアセンターの隣のグラウンドに張る
                      シリアでもお世話になった自衛隊さん
a0161360_0188.jpg

                  私たちの宿だった 自治会館
a0161360_023346.jpg

    毎日 この会館の区長さんが手作りのお料理を1日のどこかで用意してくださって
          疲れて時間も無かった私たちには 本当にありがたい存在でした
                     ただ・・・ どこかに必ずシイタケがあり
           シイタケが苦手なボランティアには 結構きついものだったようですが 笑

                 今回のグループ 4名全員 シイタケ大好きでしたよ~!
       この場を借りて 区長さん 本当にお世話になりました└(´▽`*)┘
     
a0161360_072469.jpg

                    全国各地 世界からも
                        日本のために 皆が集まり
                      そして復興すべく 力を合わせる
a0161360_095897.jpg

                  みな 自主的に来て 自主的に動く
           中には想像がでかく 内容が違ったと現場で文句を言う人も居るけれど
     基本 みんな何かを感じ 突き動かされて集まった人間達

          そんな人間が沢山いる時間の中で 一緒になって汗を流せた事
                (実は寒すぎて毎日カイロを4枚使用していたが。。。)
           いちボランティアとして 任地と違う体験をし
              JICAとは関わりのない人々と 同じ目線で居られたこと
           
    そして 同期は こう言っていました
       「地震と津波で家や肉親を失った人よりも
               自分の環境の方がはるかに受け入れやすいはず」 と

        確かにそうだと思い 協力隊員とし行き詰った時 この言葉を思い浮かべようと
             遠野の地で 隊員生活での気持ちをリセット出来た気がしました

a0161360_049999.jpg

                      
                夜 東京に着き JICA本部にて 報告会も行いました
  これからも繋がる活動を目指し 必要・不必要な部分を調整してもらえればと思います

                  こうして終わった被災地ボランティア
          しかし まだまだ人手も不足ています
                      また来月 時間が出来次第
                          遠野まで出てこようと思います

               次回は 河童も探す余裕を見つけて・・・・✯
[PR]
by angelyummy1 | 2011-05-02 02:03 | 被災地ボランティア
              岩手県遠野市

 ここは盆地で そして被害が全くといっていい程 無かった土地
a0161360_1339166.jpg


      遠野から各1時間ちょいの土地に 9日間の日程で お助け隊として行ってきました


      Day 1 4/28 
    
      ここ4年 私は地元におらず そして日本でも沖縄に居たため
                      満開の桜と言うものを見ていませんでした
    東北もまだ咲いていないと言う噂で それはもしや・・・❤と胸を膨らませ出発!

                     途中のインターにて
a0161360_0483317.jpg

    どこにでもありそうな看板には
                     やはり東北の思いが書かれていました
a0161360_9234768.jpg

                    この辺りは 桜が満開♡
                 木に咲く花の中で 一番好きな桜
a0161360_9241279.jpg

自分がこの世に出てきた時期に咲くピンクや白の♡の花弁は
             私にとって 安心する存在 そしてどきどきする花
                 この時も 淡いため息ばかり出ました

a0161360_9335095.jpg

         私たちが行くのは 大船渡市 陸前高田市 そして釜石市の周辺
     滞在の中心は 遠野市で 柳田國男氏の「遠野物語」で有名な町でもあります
             今回はその「遠野物語」を抱え 乗り込みました✯

a0161360_9404859.jpg

               インターから遠野まで出ようとした時
                 目の前に 重機がいっぱい!
            そうです これも被災地行きの車両なんです^^

                  そして そこから走ること2時間
a0161360_9435450.jpg

                            着きました=3333

       今回被災地入りするメンバーは いずれもある意味避難民><
           任地がデモやテロにて 活動できなくなり 本邦待機になった者が中心

           同期のチュニジア隊員 1年先輩+新規のエジプト隊員4名です✯

a0161360_1354095.jpg


              到着するなり いきなり何故かジンギスカンでの大歓迎!
        ここ遠野は 何故か バケツに穴をあけ 炭火焼で食べると言う習慣があるのです
  でも 遠野の人には 羊は飼育してるんですか?と言う質問は・・・禁句らしいです 笑
                  有名なのはあくまでも「バケツ」のみ (^◇^;)
a0161360_13113892.jpg

            ほどよく 酔っ払ったところで 第一日目は更けて行きました・・・


      Day 2 4/29      

             朝6時前 目覚ましが鳴る
        7時過ぎにはJICAで借りている会館を出なければならないため
              まだストーブのいる 冷たい座敷の寝袋の上
                    眠気眼で服を着替える

              朝食を食べ 急いでボランティアセンターに向かう
                      これが朝の Routine
a0161360_13103788.jpg

a0161360_13154196.jpg

         7時半には今日の仕事の一覧が ホワイトボードに貼り出されます
           それを見たうえで 7時40分ほどから全体朝礼
    まだGWは始まっていないため この日はボランティア人数は100人余り
              その中で できる限りの得意分野 そして興味がある場所に別れ
         基本は自主的に手を挙げ バスに乗り1時間かけ 現場に向かいます
a0161360_13192024.jpg

                  バスは JICAからも2台 提供しています

     初日 私と同期のチュニジア隊員は 大槌町という沿岸沿いの町に行きました
a0161360_1724239.jpg

            行く途中から すでにひどい状況
                   ここからは 少し 写真のみご覧下さい
a0161360_17251819.jpg
a0161360_1725447.jpg
a0161360_17261611.jpg
a0161360_17263962.jpg

                大槌町での作業は2つの工程に別れます
        ひとつは私達 JICA2名が担当
            一軒一軒回り お宅に聞き込みをする作業
                聞き込みの内容は ・床板はがし ・泥掻き ・石灰にて消毒
   この作業をするか しないか またお年寄りばかりでダメになった家具を外に出す作業や
            庭に集まってしまった 泥やごみを取り除く作業も聞きこみます
a0161360_17334843.jpg

                すでに壊滅状態で どこかに避難されている家には
a0161360_17341099.jpg

              このようなスプレー文字で 取り壊し願いが書かれています

       また 一般ボランティアの方々は 大工さん もしくは日曜大工が得意の方が募り
            私たちが依頼された家に派遣され 1日で1,2軒の作業をします
        その他得意ではないが 出来ることをと募ってきた方は
                  床板をはがした後の泥掻きや
                     土が乾いたら 石灰を撒く作業
               乾くまでの間には 庭の掃除などをしています

a0161360_17383139.jpg

              その裏の道には 裏腹にこんな綺麗な光景
         道も場所によっては 整備されています
a0161360_17402758.jpg

                  でも 家には人気もないところも半数ほど
a0161360_17415477.jpg

a0161360_17423343.jpg
a0161360_1743934.jpg

        写真では撮るに撮れない もっとひどく無惨な家が他にもたくさんありました

                   昼の休憩は 休む場所がなく
            どのボランティアも 道路に座り込み食べていました
                   しかし それも場所によります
                私たちは家で作業してるわけではないので
      その場所すらなく 結局本日OPENしたばかりの 歩いて10分かかるLowsonへ

                   途中 橋の上からの光景では
         津波の被害が広範囲だったことを まじまじと眼に収めました
a0161360_17505551.jpg
    
                   これは 幼稚園です↑↓
a0161360_1871885.jpg

a0161360_17513763.jpg
    
             東北・北海道地区で展開する ホームセンターのホーマックは
                 1F部分が全く流されて 蛻の殻となっていました   
a0161360_17545225.jpg
       
              川の周りには 瓦礫が山積みに

        300世帯ほどある 大槌町桜木町を 1週間で聞き込み制覇します
a0161360_1893867.jpg

                   聞きこみ作業を終え 事務局に帰ると
      今度はボランティアを一軒一軒派遣すべく 調査結果をエクセルに反映させます
              私たちが引き継いだ資料が なかなか分かりにくかったため
                    まず 作り直しの作業から入りました
a0161360_1813251.jpg

               ちなみに事務局には こんなNEWSも毎日貼りだされ
a0161360_18145575.jpg

             これももちろん ボランティアが考えた案
a0161360_18155186.jpg

                   皆が率先し アイディアを出しあい
a0161360_18164690.jpg

              自発的に モチベーションを上げるよう 意見を出し合っています
a0161360_18182599.jpg


                                       そしてこの日
                                近くの温泉に 家族風呂でご入浴✯
                              久々のお風呂に 心も温まりました~^^


      Day3 4/30    
    
a0161360_18375562.jpg

                      この日は2つ目の仕事
                           支援物資の仕分け作業✯
a0161360_1841788.jpg

                  さすがにGWに入っただけあり
          100名ほどのボランティアが 最大で650名まで膨れ上がりました
日本で英語教師などしている外国の方も 日本のために一生懸命お手伝いしてくれます
a0161360_18432891.jpg

                 TVカメラも入り 芸能人も来ましたね
a0161360_18451054.jpg


     支援物資の受け渡しは このセンターから車で10分ほどの稲荷下の体育館
       被害を受けていないこの周辺 その会館にて物資の受け渡しをします
                  被災者は 車で取りに来ます
a0161360_18394640.jpg
   
                内容はいろいろあり 下着からおむつから
                  米や 洗剤や 自転車の果てまで    
             被災者1人に対し 30点まで無料でいただけます    
a0161360_1848561.jpg
   
             
                
      Day4 5/1   

                  この日 またニーズ調査に行きました
       この日は 途中のJRがある 石巻駅の前を通り
                商店街の写真をバスの中から撮りました
a0161360_1982457.jpg

a0161360_1994816.jpg

            道路沿いのシャッターも 曲がりつぶれて ひどい状況でした
        
              そして この日作業を終えた 夜8時
          急いでお風呂屋に行き ひとっ風呂浴びた後
 JICA本部スタッフのT氏が 夜行で東京に戻るので またもやジンギスカン屋へ✯
a0161360_1851127.jpg

                  そこから 東京行きのバスを送りに行ったところ・・・
a0161360_1852888.jpg

                    かっぱ
a0161360_18525550.jpg

                            カッパ
a0161360_18534147.jpg

                   河童・・・           これ交番だよ (・_・;)

     ちなみにここでは[河童捕獲許可証」なるものを発行できる場所があります・・・

                               本当に 河童は出るのでしょうか???

                                       その2に続く・・・
[PR]
by angelyummy1 | 2011-04-28 13:34 | 被災地ボランティア