アラビア語で''ひとつづつ''の意


by angelyummy1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2nd Mt.Casion

19年4次隊で帰国寸前の SENIOR の方と一緒には 最後の今日

   体調はそれほど万全ではないのですが 最後ということで それは行くしかないと

                         張り切って 登山 登山 ♪

            さすがに2度目 前回の教えで 登山の格好で行こうと思ったが

                   この間と同じだろうと 同じ格好で行ってみた


                         あれ? 最初から道が違う・・・

                   レストラン街が見える方に 上がっていくじゃない!

                    しかも 我が家の横から登山できるなんて。。。

                          知りませんでした (--X)

                                  確かに 見渡す限り山道ですが・・・

a0161360_3304433.jpg




























下からしか見上げたことのない
         細い道を抜け 生活感漂う家の横を通る
     たまにこっちを向いて にこっとしてくれる人もいるが
警戒してるのか こちらから「おはよう」と言わない限り 挨拶すらしない
             ま っ そりゃそっか (-"- )

a0161360_3331487.jpg

                        












             どんどん
狭くなる道












a0161360_337297.jpg

                             



    高くなる壁





 

                      そして 傾斜も度を増す

            イントラの仕事の割に 最近運動不足の私には
                     実はかなり酷な運動
               瞬発力で行ける方が どんなに楽だろう・・・


                                       そしてちょっとの休憩
a0161360_3405085.jpg








この場所からの
  街並みは
  こんな感じ↓

a0161360_3421163.jpg





もう少しで
上が見える!






                                そう思ったら
a0161360_3434189.jpg
こんなんでました・・・

   休んだ後は また元気
                                    しばし行くと・・・
                                 あれ?緑ぃ o(゚∇゚*)。
a0161360_345455.jpg


                            










                       私は森林公園のそばで育った
                     そばに緑があると非常に癒されるし
                        何より父はが好きな人で
                 家には畑はないが 木や花で埋め尽くされていた
                   この歳になって それがどれだけの癒しか
                 なんだか身にしみるほどよくわかるようになった

a0161360_3481868.jpg













a0161360_3493166.jpg













そんな癒しを横目に
                    ずんずん進んでいくと

a0161360_5411819.jpg


               あやや???
a0161360_4333092.jpg


                                          もう着いた?!

 そう こっちの道は前の道より大分距離が短い
  その代わり 道がちょっと悪いのだ

a0161360_5122633.jpg










  そこは 
街から見える
レストラン街
                       

 いつの日か
私の王子様と

一緒に来たい
  ものだ❤



               向こうの山も
街からじゃ
見えないなぁ・・・           
a0161360_5231217.jpg












                     あれま こっちの山は雪がある!
a0161360_5203746.jpg

                    ちなみにこれが ダマスカスの略図です ↓
a0161360_616952.jpg


              でも今日は御休みの日なので 休みのお店も
                 そして 若者はきっと貫徹で遊んでいたのか
                    またしても Chinese~!と声をかけられる
                           アジアは中国だけではありません!
a0161360_5191444.jpg








 わかりにくいが 

 崖に沿って

   小さな

  レストランが

立ち並んでいる











  そんな彼らの横に 友達なのか一緒に居た青空Cafeのお兄さん
a0161360_5304578.jpg
           
                       「いいねぇ!」とカメラを向けたら
                  恥ずかしそうに「シュックラン」と 言ってくれた

a0161360_5324964.jpg













a0161360_5343575.jpg













                                取り壊された レストラン跡
a0161360_5363392.jpg

                   到着時間が 予想より早かったため
                少し先の岩に登ろうと Seniorの方の提案
                  ところが シリア人若者がたむろってた(▼"▼#)
               ってことで ウチの男子隊員が 率先して話に行く   
a0161360_5461327.jpg

                       いいなぁ ヾ(`ε´)ノ
       基本的に日本人(シリア人も)女子から シリア人男子に近寄ってはいけないので 
                   ここはイスラム 郷に入れば・・・ですね
                                 あぁ やっぱ次は男になりたい

 時間も経ったし そろそろかえりましょう
      今度は違う道を行く
        しかしやはり道は悪く
     土を滑るように降りた

a0161360_558579.jpg













a0161360_5594194.jpg


                       なかなかない こんな登山
                   彼女が帰ることで また行けたCasion
              今度はいつこれるかな?


                       登山の途中 Seniorの彼女に
            「焦らないで ゆっくりやればいいんだよ
                  人と比較しても 仕方ない 自分のペースがあるんだから
                           大丈夫よ★ 必ず出来るようになるんだから!
                                   ゆっくりで いいんだよ (/・ω・)/


                        そうやって 励ましてくれた
                         人より遅れていること
                少しばかり ストレスにも感じていた この気持ちを
              幼稚園の先生らしい やさしい言葉で背中を押してくれた
           私より年上の先輩隊員が少ないことも きっと心配下さったのだろう


a0161360_62154.jpg


                   私もこの子のように
                        のぉんびりとした性格になれればいいのに
      
    このあくびの大きさで なんだか小さく悩むのが
                      ばかばかしくなれた 気持ちの良い朝だった                   
[PR]
by angelyummy1 | 2010-03-19 07:28 | Around Centre