アラビア語で''ひとつづつ''の意


by angelyummy1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

初出張と食中毒

子供のシリア国内体操競技会に Latakiaへ行ってきた✪
Latakiaはシリアで唯一開放的な場所
ここへ バケーションを取りに 国内中からお金持ちが集まり そしてHotelのPrivate Beachなどで優雅な時間を過ごす場所

a0161360_5142549.jpg


私はそんな夢のようなことを抱いていたが 現地は全くと言っていいほど びっくりな環境だった
私が泊まったのは 一般人は入れない 「軍の施設」
そう 周りには兵隊さんや 国で管轄されている関係者の家族などの団体しかいない
私はその中で 体操協会の団体に所属という位置づけで 泊まらせてもらえることになった
もちろん 宿泊から 食事 交通費に至るまで すべて体操協会持ち
無論 個人行動は許されない

a0161360_5173398.jpg


まず 初日
いつもの子供たちへの指導を終え いったんウチに帰る
急いで用意し 今度はちゃんと器具のある体育館へ
そこで一番初めに 体操協会へ表敬訪問へ行った際にお会いした人々に再会した
正直ほとんどの方の名前は忘れていたが 一人だけ 私のカウンターパートという名の同僚になる予定だった女性は忘れていなかった
「Hi! Yummy!」と呼んでくれたので 私もとっさに「Saffa?!」と
すると 「Yes!!! It’s me!」と言ってくれた
これから2日間は 彼女と一緒だ
彼女は Safaaサッファア
a0161360_2421952.jpg



さて 夕方になり ちょっと日が傾いたこと 選手の練習が終わった
それからバスに乗り込むのだが そこでびっくりが待ち構えていた
私たちJICAとほぼ同じ位置にある韓国のKOICAのバスで移動となった
a0161360_2453092.jpg

なぜ韓国人ボランティアがいないのにKOICAのバスはあるのだろう???
a0161360_246279.jpg


バスはミニバスで 大体15人ほどが乗り込んだ
バスの中は 見事ゲーム会場となり いつも眉間にしわを寄せている先生が そこではカードゲームに大盛り上がり
負けるたびに「Yummy~~~!!! Help !!!」となんだかただの子供じゃないか?!と思う一面
なかなかうるさいが かわいい人たちだった
a0161360_2595830.jpg

隣の席にはでっかいおじさん?お兄さん?が座った
はじめから質問攻めだったので ちょっと意地悪な答え方をしてみたり・・・
でも悪い人じゃなさそうだった
彼は英語を話せ 通訳もしてくれた
だから ちょっと心を開いて 長くなる旅を楽しもうと 途中から切り替えたのだが・・・
とにかくおっさん先生たちが うるさくってうるさくって。。。

その隣の人は 80年代にナショナルチームのメンバーで 私の名前を叫ぶ先生と一緒にソビエトまで遠征に行ったそうだ
まぁソビエトだった時って言うくらいだから 自分より十数年は年上の方
おじさんとも お兄さんとも言い難い・・・
Anyway 今では体操でそんなにすごい選手だったなど 見る影もなく大きくなっているが
今は ダマスカス空港で 飛行機の整備士をしているようだ
なかなかのお坊ちゃんみたいだ
a0161360_22445315.jpg

この世界では いやどこの中進国・途上国もそうだと思うが 「蛙の子は蛙」だと本当に思うことが多い
もし私がこの国で生まれていたら 今頃ひょっとしたら若いおばあちゃんだったかもしれない年齢だ
先日会ったお母さん 私と同じ歳だった そしてもうすでにおばあちゃん
自分の娘が16歳で子供を産んでいて はやばやと孫まで授かっている
私は 日本に生まれ 好きなことができる「選べる人生」を授かった
しかし それは本当に幸せなことなのだろうかと 今は逆に思う
昔は日本人ほどいい人種はいないのではないかと思っていたが 今はそうは思わなくなったのは なぜだろうか・・・
a0161360_22471834.jpg

バスの中は本当にいろいろな話もあり そしていろんな匂いもあった
お菓子を食べる人 バスに持ち込んであったポットの甘ぁい紅茶や カルダモン入りの苦ぁいコーヒーを飲む人 煙草を吸う人 etc 日本じゃ絶対吐く人がいるなと思いながら・・・
揺られること 5時間 やっと試合の開催地 Latakiaへ到着した

到着するなり まとまりがなく 23時を回ってるって言うのに 食事をとらず水煙草を吸う人 おやつを食べる人 とにかく話す人 いろいろだ
私は朝と昼兼用のご飯を10時半ごろとったっきりだったので ものすごくお腹がすいていた
ご飯を食べに行くという話はいつの間にか無くなっていて 誰かが買ってきたアラビー料理を食べていると これから食べに行くという その時点でもうすでに12時 うそでしょ?と思うアラブ人の行動に それはでっかくなりますわと感心した
a0161360_22491750.jpg

その後 水たばこの会に連れまわされ 気付けば朝3時半・・・
あぁ 明日の大会はどうなる事やらと 心配のまま床に就く Zzz

a0161360_2323387.jpg

                  そんな夜に振りまされ 無事?朝が来た
        試合当日なのに なぜか10時過ぎてもまだ宿舎にいる先生たち・・・汗
 会場入りは11時ころ そして始まったのは・・・何時?って感じの なぁなぁな運営。。。
  
                  とりあえず 新体操との違いを見てください
                          まず 男子体操
a0161360_2316626.jpg

a0161360_23172676.jpg

a0161360_23185162.jpg

a0161360_23202568.jpg

a0161360_2324940.jpg

a0161360_23255627.jpg

a0161360_23583681.jpg


                         次に女子体操競技
                             と言いたいところだけど・・・

     ウチの子供たちのは VIDEO撮ってて 写真なし。。。
              ごめんあぞばせ・・・
                            でも こんなんです↓                    
段違い平行棒
a0161360_8242757.jpg

平均台
a0161360_8263378.jpg

跳馬
a0161360_8272086.jpg


a0161360_82823.jpg

                                            以上 Netより
                     ちなみにタッチの南ちゃんがやっている
                     リボン ボール フープ ロープ こん棒などが
                     新体操と言います
       私は新体操ではなく 器具を使うので 器械体操と言われている
       正式名称が「体操競技」の先生になります

             そして
             結果は・・・                                         
a0161360_8393487.jpg

a0161360_8311414.jpg

                                   あっぱれ!

    その日の夕方
私は帰るつもりだった

1泊2日だと聞いてきていたので 用意は念のため 1泊分多かったが
    やっぱり 軍の施設 それほど綺麗なところではない
 ずーっとアラビア語と アラブ人のシャワーを浴びていたので
       そろそろ自宅でシャワーを浴びたかった

「ご飯を食べてから」という話にだまされ 待っているとやはり・・・
       今日も泊るという流れになっていた
         あぁ・・・やっぱりそうなのか 涙
a0161360_8412768.jpg


   綺麗な夕日だけが なあぐさめてくれているかのような そんな景色に癒され
a0161360_844676.jpg

                      私の心も まっぴんく
a0161360_8452932.jpg

   
   精神的にも疲れを感じていた時 Latakiaのコーチのお宅への訪問の話を聞いた
               そしてご飯も到着し 平らげ 村へ出発!

     着くと そこは田舎の平和な風景だった
    寒い中 みんな外でアルギーレを吸い
  シリア人特有の【ゆったりっとした時間」を楽しむ
a0161360_9135121.jpg

            Latakiaのコーチは 自ら動き
       焚火ならぬ 窯のようなものを作る
   その上に 下のでっかいお盆を載せ
  こっちで人気のSweetsをっ作ってくれた
a0161360_8483086.jpg

a0161360_9122071.jpg

                    美味しく頂き 宿に戻った
         ところが・・・
       その2,3時間後
  急に吐き気を催し 飛び起きる
 そしてトイレに入り浸ること 数十分
   具合は一向に悪くなるばかり
                              隣の部屋で寝ていた国内チャンピオンに
                                    とり急ぎ助けを求める
                               精一杯伝えた言葉「病院に行きたい」
    バスの中で寝ていた運転手さんを起こし
        病院はあるか聞いてもらう  
    ところがそこでびっくりした事実が・・・
      運転手さんもお腹を下していた?!
  現地人もおかしくなる=これは肉+Sweetsの油が古かったことからの           
        いわゆる 食中毒状態だって・・・

                            病院は近くにないらしいので
                             とりあえず朝まで待って
                     それでも駄目であれば探すという方向になった                 
           朝になり みんなに状態を伝え 一番後ろの席で寝かせてもらった
                  とにかく 起きていられない状態だったので
                         しばし死人の状態
a0161360_9153621.jpg

 胃の中には水しかなく 体力も落ち げっぞりした様子だったのか
   DriveInnへ寄った際 コーチの一人が胃に良いんだと カモミールTeaを買ってくれた
        下は DriveInnの中
a0161360_9163774.jpg

a0161360_1153052.jpg

日本とはちょっと違い
           売っているものの半分は ご飯系(シャウルマとピザのみ)
          半分は Syrian Sweets系だ
a0161360_9175072.jpg

    
        仲間になると 本当面倒見がよいシリア人
           心づかいがありがたかった
                           ガソリンを入れて 車もお腹いっぱい
         ちなみに 軽油は1L 40円ほど
         やっぱガソリン原産地に近いだけあるのかな・・・
                       さぁ 帰り道もあと1時間 もう少しです
a0161360_9183044.jpg

     活動先に到着すると
   すかさず家まで送ってくれた
  家へ入るとそのままシャワーに入り
     そして17時間 冬眠した
                      次の日 病院へ行き またしても潰瘍の薬をもらう
                      やっと前回の胃痛が良くなったと思ったのに・・・涙
a0161360_10314712.jpg

           要らないお土産もあったが
             この土地の人の仲間意識や
                 やさしさも垣間見た出張
                   これからの活動がどういう風に変わっていくのか
                        とても楽しみになった 3日間だった

    後の問題は・・・・
私のアラビア語のレベルだわ (>ー<)
   
[PR]
by angelyummy1 | 2010-04-22 17:07 | 活動