アラビア語で''ひとつづつ''の意


by angelyummy1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

脱 アラブ!

                                           Day1~2    


          待ちに待っていた アラブ脱出の日★

 この日は 午後から活動があったので そのあと即効シャワーでBusへ飛び乗った
a0161360_2041270.jpg


久々の飛行機
 でも 実は飛行機嫌いな私は
「これにならないと脱出できない!」
    と自分に言い聞かせる
a0161360_207084.jpg

          エジプト経由だったのと 実はここで同期が合流
      到着してから5時間後 ここから女2人旅が始まった★

a0161360_20164154.jpg

        Greeceに到着し まずはギリシャ語の洗礼を受ける♬
    「読めないよ~~!でも アラビア語で読めないより 全然良い~!!」
a0161360_2057664.jpg
a0161360_20573647.jpg

      シリアの空港では Cafeが一軒のみ
          お土産物屋さえない
      でもやっぱり(一応今でも)先進国
      到着フロアにも勿論お店は沢山ある
  「うげ~~~~ あっまそぉ・・・ でも美味しそうぉ❤」
      なぁんて言いながら ひとつひとつの事を楽しむ

            しょっぱなの空港でずっと捕まっているわけにはいかない
         BackPackerではないのだから 時間は限られている
a0161360_2115116.jpg
    
            市内までのバスチケットを握り
       さっそく向かうは オリンピック発祥の町 オリンピア!
                
        アテネ中心には行かず まずは長距離バスターミナルへ
             そこで忘れていた 腹ごしらえをする
      ここはやっぱり 「~歩き方」に書いてある スピナッチパイ!
       と 思っていたが 結局チーズを手にしてしまった・・・
         でも これを見れば チーズで正解だと思うでしょ?
a0161360_2115763.jpg

a0161360_21194554.jpg

          距離にしたらどのくらいだろ?
       たぶん300~400kmの間ってところだろうか?
a0161360_21222955.jpg

     Busにゆられ 4時間ちょっと とある町のステーションに降り立った
a0161360_2127290.jpg

        あたりはすでに暗く そしてやっぱりサインは読めない
      でも ここからさらに最終地点まで違うBusに乗らなければならないので
              一応必死に読むのだが・・・
a0161360_21295898.jpg

                ギブ・・・涙
            するとBus会社のお兄ちゃん
     兄「どこまで行くの?」 
     Y 「オリンピア!(英語だ~!助かった 涙)
     兄「あれに乗れば良いよ」
     Y 「ありがとう!」
                   Busの時間まで30分ほどあったので
                 ちょいと外の店を見学する
a0161360_21323926.jpg

         私が茫然と立ってると 同期のMは「どうしたの?」と
         シリアのお菓子とおんなじだ・・・
         というと 「え~!エジにはないよ こんなの?!」
         同じアラブでも食べ物は違うらしい
         そして さらに驚くことに ギリシャ・トルコ・シリアの3カ国
         お菓子だけならず ご飯もなかなか似ているのだ
a0161360_21364866.jpg

         M「え''~~~!!!マジで?!」
         Y 「飲んじゃえば?」
         M 「いや まだ早い・・・涙」
アラブでもこれはないなと EUの素晴らしさを実感せざるを得なかった瞬間だった
a0161360_2011273.jpg

      またまたバスに揺られ30分
     やっと オリンピアに着いた時にはすでに 22:30を回っていた
      まだかろうじて OFF Seasonには入って居ないはずだが
           すでに電気が消えているHotelは多い

   ダマスカスの空港に着いた時間から数えると すでに24時間が経過している
    ここに来て やっと気がぬけてきたのか 疲れが出てきて歩く足どりが重い

       すぐさま見えたHotelに 飛び込む
     明かりは付いているが 誰も来ない
   Frontは無人で 2人ほどの客がこっちを見ているが
        なんのサインも出さない
  
     う~~~~ どうしようか迷っている時間より
       動いた方が早いよね ということで
         1本先の道のHotelを覗いた 
 Y「Hello?」
   ・・・・・
 Y「Helloooooooooooo?!」 
       2階から降りてきたおばあちゃん ちょっと寝ぼけ眼
 Y「あ・・・ごめんなさい 起こしちゃった?今Hotelはやってますか?」
 婆「やってるわよ。ごめんなさいね 横になってたの。玄関も開けたままだったわね」
 Y&M「よかった~~~ToT」
           そして この晩は 静かに濃くなっていった。。。
    
    翌朝・・・
a0161360_2223562.jpg

            よく見ると やっぱとても綺麗なホテルで
     そう 昨日の晩のシャワーも快適で お風呂に浸かりたかったくらいだった
          
a0161360_20213166.jpg

                    起きて間もなく 窓を開けた
      朝日を受ける緑が金色に光り そして透明な空気さえ色を持つようだった

         朝から贅沢に 念願のベーコンを頂く!
     ベーコンが念願だなんて 超安上がりの人種に聞こえるが
アラブでは豚に関する肉類が手に入りにくいため 堂々と食べれる幸せは何にも代えがたい

荷物をまとめ
       朝日を浴びに 早朝のHotelを後にする
朝の光を浴びて 草木は緑々とし まだ日陰に残るひんやりとした空気が頬をなでる
      こんな感覚 ダマスカスでは味わえないなと思いながら
          流れるように 店の看板を目に収める
a0161360_23383442.jpg



     この町はとても小さく 道の端から端までしか住人はいないようだ
a0161360_23544122.jpg

   その道1本に 何とも味わいのあるお店が並んでいるのだが
a0161360_23373341.jpg

a0161360_2356863.jpg

          どの店もこじんまりしていて 私には心落ち着いた
a0161360_23392484.jpg


     道が切れた所には 何故か見覚えのある骨格の銅像
a0161360_23415881.jpg

a0161360_234138.jpg

  それは 日本人で オリンピック精神の熱烈なオリンピックの支持者らしく
       愛知県稲沢市と姉妹都市を結ぶことになった橋渡し人だったようだ
a0161360_23413448.jpg


       そこから先に進み 世界最初にオリンピックが行われた場所へ
   そこは 世界遺産マニアの私には とても興味深い場所いだった
a0161360_23522622.jpg
  
a0161360_234857.jpg
a0161360_23483345.jpg
a0161360_2349728.jpg

        色んな神殿の横を通る
 緑さえなければ ここはシリアと言っても解らないくらいだ
            この時代の建物は とても似通っていた
     誰も貿易などしていないと思われるのに
         何故 どこの国の建物も同じつくりになるのか
              私にはちんぷんかんぷんだ
a0161360_23493993.jpg

         その先に 何故かみんな走っている様子をうかがえた
       そう ここはまぎれもなく 人類最初に行われた陸上トラック!
           私も間違いなく お約束Goalしましたょ~★
a0161360_2350040.jpg

         その傍らには 地元の壮大な公園を思わせる緑達 
a0161360_23502228.jpg

           どんぐり帽子って まさにこのこと^^
a0161360_23505355.jpg

a0161360_23511668.jpg

    ↓ ここはGymnacioとあったので きっと今で言う体育館だね
         私の専門 体操競技(器械体操)は まだ無かった時代かな? 
a0161360_23514771.jpg


         遺跡を離れ 今度はMusiumに =3
    こんな立派な銅像が 写真OKだとは・・・
              やっぱギリシャは 寛容で素晴らしい~!
a0161360_2353284.jpg
a0161360_2353257.jpg

          帰り道には こんなお祈りの場所も★
     日本で言えば 田舎のお地蔵さんのような感じかな????
a0161360_23535017.jpg


     そこから離れ 残った時間で本日の宿を探す
 事前に抑えてはいたのだが 明日の朝に''アテネマラソン''があるため
          状況が少し変わったのだ

                 ケーキに見とれていると
           実はそこ NETもできるCafeだった為 即決で店内へ
                いやぁ しかし上品だねぇ❤
         ケーキの盛り方ひとつとっても シリアとでは比較にならない
a0161360_23583637.jpg

           なぁんて・・・シリア人に怒られそうなコメントだ

   そんなケーキたちをほおばっていると
  あれまあれまと 時間は過ぎ去る
a0161360_23575683.jpg

やばいっ!Busの時間!ってことで
   急いで上品な店を出る           今日のLunch
                  BlackCherryTart &GateauChocolat
                        Cafe Late
      そこからまた 来たバスターミナルへ
  今日は勿論 アテネマラソンの地 アテネに向かいます!

      4時間すっ飛ばし 本も順調に進んだし
   アテネの街中に入り ちょっと緊張
a0161360_23331155.jpg

        8月に起こった経済危機で 街中もひどく荒んで見えたからだ
     壁にはスプレーアート 人々は街灯の下でMeeting
            きっと私たちには踏み入れられない何かが
       この闇のような雰囲気を作っていたに違いない

         Busの運転手さんから降ろされたこの一帯の地域は
    どのガイドブックにも「寄りつかない方がいいでしょう」との刺し書き
    足早にMetroへ向かうが その時でさえ何だかひどく異様な雰囲気を感じた
a0161360_23414853.jpg


             Metroで1,2駅ほど先の繁華街に着く
     いくらアテネマラソンでも 部屋の1つや2つ あいてるでしょうとの見解に
               まんまと裏切られた形になった
a0161360_21575848.jpg
 
      歩けど歩けど 満室のホテル
 しまいには ここから20Kmほど南の町に行かないと
  見つからないでしょうと HotelStaffに言われる
この道を聞いてなければ 20Km南下するか?と話していると
  こんな場所に しかも大聖堂で人通りが多い場所に
        古びたホテルが1つ
 M「ここはさすがにないんじゃない?」
 Y 「いや 聞いてみないとわからないょ。ちょっとまって。」
        元BackPackerの嗅覚は あたり★
a0161360_225460.jpg

最後の1室 それもEmergencyRoom名乗る Bath&Toiletが共同部屋が空いていた
        というより 私たちのために開けてくれたのだ!
 Y「野宿だと この寒さで間違いなく熱だったね。」
M「本当ありがとう!まさかこの立地で空いてたなんて LUCKYとしか良い様がない!」
      この旅は きっと終始Luckyだと この瞬間思った

   久々の先進国
   勿論アジアンも豊富だと言うことで
   何故ここで?と思われるが 豚肉に白米に飢えていた私たち
a0161360_2293666.jpg

   最初のRestaurantを Koreanにした。。。汗
   ははは・・・
 かっら~~~い 赤い豚さんを頂き
a0161360_22133165.jpg

a0161360_22161138.jpg

 もう満腹です!と 良い気分でHotelに戻る
 そして彼女がシャワーに入っている間 明日のフェリーの時間を聞く
 爺「明日の島行きは・・・・ 6時50分と 19時30分だね」
 Y 「なっ?!え?マジで2本しないの?!」
 爺「もうOFF Seasonだからねぇ。。。」
 Y 「ありがとう。友達に話してくる。」
 爺「朝行くなら 会計は先にした方が良いかな?」
a0161360_22212199.jpg
                 
          アテネマラソンは この付近を走る
     そんなアテネの中心位置にいながら 私たちは朝5時起きを強いられた
  「うちらには 時間が限られている 1日でもずれると 後の日が困る」
        そういう理由で 結局Hotelを5:40amに出た
a0161360_22285129.jpg

     これから走る選手を横目に ますぐMetroまで進む
      でも逆に言うと 昨日の晩に聞いていてLuckyだった
それをもし マラソン見学の後に聞いていたら 今日中には島へ渡れなかっただろう
           「やっぱ Luckyだね ウチら!」

a0161360_2105033.jpg

a0161360_2165982.jpg

        何故だろう?
     全てにおいてLuckyに感じるのは
もしこれと同じようなことが アラブの中で起こったのなら
    たぶん文句しか出てこないであろう 
  でも ここではすべてがポジティブに思える
        思うことができる
 きっと 好きな範疇で行動しているからなのかもしれないと
   気持のあり方の動きに 我ながらびっくりしていた

a0161360_2110384.jpg

            フェリーターミナルは 以外に人で溢れていた
   お世辞でも暖かいとは言えない時期に こんなに行く人がいるのか?と思うほど
       でも 私たちが行けるのは 他にもお客がいるからであり
          それについては 本当に感謝したいことだった
a0161360_21131178.jpg
 
                フェリーに乗り込む前
          近くで売っていたドーナツと今度こそスピナッチパイと
              そして中毒のCoffeeを買い求める
a0161360_21152058.jpg

a0161360_21214336.jpg

      フェリーの中で 笑えることに ついているTVはアテネマラソン
         あんなに近くに居たのに 見ているのはブラウン管
           ちゃんと調べましょうと言う教訓だねと
             友達Mと笑ってドーナツを楽しんだ

                 フェリーの中は こんな感じ
a0161360_21313349.jpg

 全部のシートは埋まってなかったので 足をのばしながら 本を読んだりした
                それでも フェリーは意外に長く
           7時間も日中ゆられるのはやっぱり堪えた
a0161360_21233366.jpg

           長い時間が過ぎ そして本も1冊読み終え
       気付けば 2個目の島に到着していた
 みんな外に出て 目の前にある 降りられない島に シャッターを切る
                私も長い間根っこの生えた体を起こし
                  カメラを持ち デッキまで出てみた
a0161360_21343264.jpg

          目の前の 素敵な景色に 心躍らせる
    きっと 憧れのサントリーニも・・・
                 そうして 最終到着港 サントリーニ島まで船は向かう
a0161360_21383158.jpg


              これから見える 夢の島
         憧れの島まで もう少し★
                                     続く・・・
[PR]
by angelyummy1 | 2010-10-29 08:23 | 任国外旅行